はやく人間になりたい

プライベートな時間の記録。タイトルは適当。

今走の4角通過順位1位の馬を買い続けた場合の期待値(2)

前記事では、今走の4角通過順位1位の馬を外すことなく予想できれば、
単勝複勝期待値が100円を超えることを示した上で、

今回のレースで4角通過順位1位で通過する馬を抽出するのは簡単なんだろうか、
という疑問を投げかけてみました。

 

今記事では、この検証を少しだけ進めてみようと思います。

 

まず、今走4角通過順位1位だった馬の前走の4角通過順位を調べてみました。
次の通りの結果となりました。

 

 (表1) 今走通過順位1位だった馬の前走の4角通過順位の割合

前走4角順位 割合
1 29.21%
2 19.72%
3 10.72%
4 7.52%
5 6.05%
6 4.56%
7 4.37%
8 3.62%
9 2.91%
10 2.71%
11 2.17%
12 1.75%
13 1.68%
14 1.18%
15 0.93%
16 0.67%
17 0.14%
18 0.09%

 ※対象レースは、2010年1月1日〜2018年12月31日のレースのうち、
 4角通過順位が記録されているレースについてカウント

 

これは、今走が4角通過順位1位になる馬は、
必ずしも前走も4角通過順位1位であるというわけではない、
ということです。

言われてみれば、当たり前の感じもします。

 

しかし、前走4角通過順位が1〜3位の割合を合算しても50%程度。。。

単に前走4角通過順位が1位の馬だけをカバーしていれば良い
という感じでもなさそうです。

 

次に、前走だけでなく前々走の4角通過順位別についても
見てみることにします。

以下の(表2)を見てください。

 

(表2)  今走4角通過順位1位だった馬の前走・前々走の4角通過順位の割合

  前々走
   

12.1% 10.0% 4.1%
11.4% 21.1% 10.8%
5.8% 12.0% 12.7%

 

ここで、逃, 先, 他 を次のように定義しています。

 

 逃:4角の通過順位が1位

 先:4角の通過順位が2〜5位

 他:4角の通過順位が6位以下 or 競争中止, 除外

 

 

この結果からわかることは、やはり今走で4角通過順位を1位で通過する馬は、

前走・前々走とも必ずしも4角1位で通過するようなタイプではない馬の方が

多いということです。

 

うーむ、4角の通過順位というのも、簡単に予想できそうで
案外上手く予想できなさそうなもんですね。

 

 

次に、今走4角通過順位が1位だった馬を買い続ける条件の下で
前走および前々走の4角通過順位別に単複の期待値, 勝率を出してみたものを
それぞれ(表3)(表4)に示します。

 

(表3)  今走4角通過順位1位だった馬の前走・前々走の4角通過順位別の期待値

    前々走
    単勝 複勝
   

138.4 138.4 179.9 115.6 125.2 144.9
148.3 210.2 291.5 133.0 151.6 191.3
161.8 313.6 430.8 129.3 190.0 271.1

 
 (表4)  今走4角通過順位1位だった馬の前走・前々走の4角通過順位別の勝率 

    前々走
    単勝 複勝
   

20.8% 22.6% 19.9% 44.1% 48.8% 44.2%
20.4% 26.0% 23.6% 44.5% 54.0% 50.4%
20.4% 21.4% 18.8% 43.4% 45.6% 41.1%

 

これを見ると、前走, 前々走とも4角通過順位が1位だった馬(つまり逃げ馬)
を狙うよりも、それ以外の馬の方が期待値が高めです。

これは「今走4角通過順位1位の馬」を当て続ければ期待値が200円を超える
という事実はよく知られた事実だったとしても、
前走や前々走を逃げた馬だけを狙うのでは、皆と同じ考えに至ってしまうので
オイしくない、ということです。

 

まだ調べてはいませんが、前走と前々走は逃げたとしても、
今走は逃げる(逃げられる)とは限りません。

そうなると、今走4角通過順位1位の馬を当て続けることは難しく、
期待値も(表3)にあるような138円も確保することはできないことが
考えられます。

 

狙うならば、前走, 前々走では逃げなかった馬で、今回逃げると思われる馬が
分かりやすいレースということか?

 

それにしても、なぜこういう前走まで逃げ馬でなかった馬が
今走逃げるなんていう現象が起こってしまうのか。

 

考えられることは、

  • 前走や前々走では他にも逃げ馬がいたので、その馬が逃げて自身は2〜3位を走っていた。
  • 脚質変更をかけた。

といったところでしょうか。

また、2つ目の「脚質変更」をかける背景としては、

  • 騎手が変わった
  • 成績が思わしくなかった
  • 成長を促すために、走り方のバリエーションを馬に覚えさせたい

ということが考えられます。

これはこれで、掘り下げて検証してみる価値がありそうです。

 

次回は、これらのうちのどれかについて掘り下げてみたいと思います。

 

 

今走の4角通過順位1位の馬を買い続けた場合の期待値(1)

4角通過順位が1位の馬を買い続けた場合の単勝期待値が200円を超える
という話を聞いたことがあるので、実際に確認してみました。

以下の表1は、その結果です。

 

(表1) 今走の4角通過順位1位の馬を買い続けた場合の期待値および的中率

  期待値 的中率 買い目数 対象レース数
単勝 237.6円 22.49% 31141 31019
複勝 165.6円 47.65% 31140 31019

※対象レースは2010年1月1日〜2018年12月31日までの中央競馬のレース

 

なるほど、確かに単勝期待値は200円を超えますね。
複勝期待値も160円なので、こちらも素晴らしい結果。

 

しかし・・・。

これは単勝万馬券とかが入ったことによる、
まぐれな結果になっちゃっている・・・ということはないのか。

そこで、まずは今度は年度別に調べてみることにしましょう。

毎年コンスタントに期待値が出ているのであれば、

まぐれな結果ではないという仮説からである。

 

年度 単勝期待値 単勝的中率 複勝期待値 複勝的中率
2010 224.2 円 23.64% 162.9 円 50.17%
2011 232.5 円 24.25% 165.8 円 49.48%
2012 276.0 円 22.78% 173.1 円 47.49%
2013 215.0 円 22.50% 159.9 円 46.74%
2014 253.7 円 22.23% 170.0 円 45.94%
2015 208.6 円 21.18% 165.6 円 46.19%
2016 252.1 円 21.35% 163.9 円 47.09%
2017 232.8 円 22.40% 163.0 円 47.33%
2018 243.5 円 22.05% 166.4 円 48.40%

 

うん、これは毎年コンスタントに結果が出ている様子。

年間を通してみれば、4角通過順位1位の馬をバッチリ予想できれば

期待値の出る馬券が買えそうである。

 

しかし・・・。

また、しかし・・・である。

 

今回のレースを4角通過順位1位で通過する馬を抽出するのは
簡単なんだろうか。

まず、逃げ馬が5頭も登場するようなレースだったり、
逆に1頭もいないようなレースについては適用しづらくないだろうか。。。

そもそも、前走4角通過順位が1位だったとしても、
今回のレースを逃げるという発想は成り立つんだろうか。。。

 

実際に使っていく上で、もう少し中身を分析していく必要がありそうです。

 

 

そんなわけで、この検証に関する検討をもう少ししてみようと思います。

 

手始めはこんな感じで。

京大式推定3ハロン実践攻略データブック

前半or後半3ハロンが最速の馬, 4角通過順位が1位となる馬を買い続けば
大幅なプラスが期待できることが分かったので、
ラスト3ハロンが最速の馬、4角通過順位が1位の馬を狙っていきましょう、
ということが延々と書いてある本。

競馬場別だったり推定3ハロンの上位の組み合わせ馬連を買った場合とか
いろいろ書いてあります。

 

京大式推定3ハロン 実践攻略データブック (競馬王馬券攻略本シリーズ)

京大式推定3ハロン 実践攻略データブック (競馬王馬券攻略本シリーズ)

 

 

 


・・・


読んでみて疑問に感じたことが3点あります。

1点目。
今走の前半/後半3ハロンが最速となる馬とか
4角通過順位が1位の馬を予想するのって意外と難しい話じゃないかと。

例えば、仮に逃げ馬だったとしても、逃げ遅れてしまったり、脚質変換を試みたりして
必ずしも通過順位が1位であることが保証されるわけではないし、
たまたま軽く気合をつけたらぐんぐん前に出ちゃったりすることもありそうだし。
後半3ハロンが最速になるパターンだって、出遅れちゃって追う形を強いられてしまったがために
殿一気を決めてしまった場合だってあるだろうし、
騎手の判断で殿一気を普段決め込む馬も、なぜか先行しちゃうこともありそうだし。
他の出走馬の出方次第で、騎手の裁量で控えたり出したりするわけですから、
競馬はレースが始まるまで何が起こるのかが全く読めないわけです。


2点目。
仮に3ハロンが最速だった馬だったり4角通過順位が1位の馬を見つけられたとして、
買い目の検証に推定3ハロンが2〜5位を購入するのをオススメするような
ページがあるのはなぜなのか。
個人的に突っ込みたい。

1位から3位とかだったら、推定3ハロンのパラメータ自体を効果検証していることが
わかるので良いのですが・・・。
なぜ2位から5位とかなんでしょうか。
はっきり言って意味不明です。
例えば、健康診断の血液検査の白血球の数みたいに
パラメータが多いとどうヤバくて、少ないとどうヤバイので
この範囲にあるのが良い、みたいなパラメータ自体の特性が説明されていれば問題ないのですが、
その説明が見当たりません。
それがなければ、単なる数字遊びになってしまうので、
再現性の怪しいデータと感じてしまいます。


3点目。
そもそも、そういう3ハロンが最速だったり、
4角通過順位が1位だったりする馬っていうのは、
競馬新聞等の予想家さんが高評価してしまう傾向にあるので、
明らかに3ハロン最速だったり4角通過順位が1位になりそうな馬は
人気になってしまうので、あんまり儲からないのではないか、と思いました。
馬券を買う人のほとんどは、やっぱり儲けたいと思って馬券を買うわけですから。

 


そんな感じでネガティブなことを3点書いてはみましたが、
実際に効果はどんなものなのかは検証してみたいと思ったりしました。


そんなわけで、しばらく推定3ハロンの検証というのをやってみようかと思います。
上手くいくところがあれば、取り入れてみようかとも思います。

 

単勝オッズが所定値以下の馬を全て購入した場合の払い戻し率

こんどは、闇雲に全部を買うのではなく、
単勝オッズが一定以下の馬だけを買う場合について
シミュレーションしてみた。

その結果は以下の通り。

単複は該当する馬を全て購入。
単複以外は該当する馬のBOXで購入した場合の結果である。

 

MAX単勝オッズ 単勝 複勝 馬連 馬単 三連複 三連単
10 79.92 81.77 77.62 76.16 76.19 72.65
20 81.29 81.54 77.29 76.52 76.40 76.01
30 81.40 81.31 76.98 76.67 76.78 78.10
40 81.69 81.32 77.55 77.45 77.02 79.10
50 81.25 81.26 77.03 77.15 77.23 79.44
60 81.07 81.00 76.35 76.67 77.02 79.82
70 80.75 80.77 75.10 75.39 75.97 78.78
80 80.69 80.59 74.55 74.95 75.28 78.30
90 80.31 80.54 74.35 74.75 75.10 78.18
100 79.98 80.34 73.99 74.47 74.27 77.58
制限なし 72.41 74.78 59.43 59.62 54.41 57.35

 

これからわかるのは、少なくとも単勝万馬券の馬を絡めて買うと
払い戻し率がかなり悪くなるので、単勝万馬券とならない馬の買い目で
買うと良いということでしょうか。

ただし、単勝系の馬券は、買い目のリミッターを30倍よりも
低く設定してしまうと、払い戻し率が逆に悪化してしまう。

 

よって、母集団は単勝オッズが50倍以下の馬にに絞るのが良いということか。

 

全ての買い目を購入した場合の期待値

JRA主催のレースに関する馬券の払い戻し率は、
こちらのサイトによると次のようになっています。

 

(表1) 払い戻し率

馬券種別 払い戻し率
単勝複勝 80.0%
枠連馬連・ワイド 77.5%
馬単・三連複 75.0%
三連単 72.5%

 

JRAは、実際にこの払い戻し率でオッズを計算していると思うので
全ての買い目を購入すれば、長期的に上記の払い戻し率に近づいていくはずです。

 

しかし、実際のところはどうなんでしょう??
気になったので、調べてみました。

 

(表2) 全買い目購入時の平均払い戻し額 

年度 単勝 複勝 馬連 馬単 三連複 三連単
2010 70.07 76.98 58.70 60.01 54.91 59.90
2011 69.56 75.45 56.35 56.74 52.36 53.58
2012 74.76 78.20 61.01 63.42 59.80 64.55
2013 72.73 75.83 60.05 61.50 53.99 57.49
2014 73.66 74.46 59.11 58.64 51.29 53.36
2015 71.96 73.56 59.41 58.24 58.62 62.41
2016 74.08 73.07 60.61 59.21 50.77 53.67
2017 73.44 72.97 63.98 62.81 57.86 59.64
2018 71.36 72.43 55.47 55.83 49.97 51.29
トータル 72.41 74.78 59.43 59.62 54.41 57.35

 

この計算をする前は、端数切り捨て等による影響と

2歳戦の単勝が5%アップしたり、

プラス10の影響があったりする影響とが相殺し合って

単勝くらいは80%くらいになるんじゃあないかと思っていたんですが、、、

 

払い戻し率よりもかなり下回る結果となりました。

だからどうした、という話は特にないのですが、

1つのベースラインという形で数字が使えそうです。

 

 

結局、人生はアウトプットで決まる

Windows95 のソフトウェアアーキテクトだった中島聡さんの著書の一冊。

 

結局、人生はアウトプットで決まる 自分の価値を最大化する武器としての勉強術

結局、人生はアウトプットで決まる 自分の価値を最大化する武器としての勉強術

 

 

この本には、アウトプットによって得られるメリットの話から始まり、

アウトプットの方法、中島さんの過去の体験事例に触れられています。

全体を一言でまとめると表題のタイトルになるというわけです。


 

以下、印象に残った内容を列挙してみます。

書いてある通りには表現されていませんが、ここはご容赦を。

 

 

  • 日本では、ディベートやプレゼンの教育がないので自発的に身につけていくしかない。
  • アウトプットするには、目的の明確化が最重要であり、テクニックは二の次。
  • 相当ブラックな作業をしていてもやり続けられることこそ、自分の好きなこと。
  • 国語で本来教育するべきは、読書感想文ではなく、事実をしっかり伝えるスキル。
  • プレゼンはおみやげが重要であり、一つのことでも伝われば御の字。
  • プレゼンのスライドには一番大切なことを敢えて書かず、口頭で伝える。あくまでコンテンツは自分。

 

全般的に、日本は教育制度やマネジメントが問題なのであって、

技術者としてのポテンシャルは世界的に見て決して負けていない。

だからもったいないよねー、という話がバックグラウンドにあっての主張でした。

 

 

私の体験としても、アウトプットしてみた方が仕入れた知識を整理できる

という意味で有効だと思っています。

なので、今の私は、勉強したこと、情報収集したことをなるべく資料化しています。

傍からは、無駄なことをしているように見えるかもしれませんが

時間をかけた分だけ知識は定着するので、とても有意義です。はい。

 

 

私みたいなオッサンよりも、学生さんや新入社員の方がターゲットな本でした。

 

ではでは。

 

 

精神科医が教える3秒で部下に好かれる方法

紀伊国屋を歩いていたら、パッと目に入ったので買ってみた。 

「3秒」とか書いてあると、疑いつつも検証したくなってしまう性格。。。

思いっきり出版社の策略にハマっています(笑)

 

精神科医が教える3秒で部下に好かれる方法

精神科医が教える3秒で部下に好かれる方法

 

 

 

この本が書かれた背景は、著者が会社の産業医として働いてみて、

部下だけでなく上司も悩んでいるのだということに気づいたことにあるようです。

 

 

最初に書かれていたのは、嫌われ役を上司が買って出ないこと。

まずは部下に好かれること、とあります。

 

この背景は、好きな上司の言うことは聞いてくれる、

という点を活用するということにあります。

厳しいことばかり命令で言うのではなく、応援する側に立って発言することが大切。

 当たり前のように聞こえるけれども、実際の行動が違っている人は多いですよね。。。

 

ちなみに、「頑張れ」は命令なんだそうです。

部下を応援したければ「頑張れ」と言ってはいけない、という旨のことが

書いてあるのを読んで、ハッとしました。

気を付けたいところです。

 

 

この後は、部下のタイプ別に記載がありました。

愚痴が多い部下、高すぎる評価を求める部下、指示待ちニンゲンな部下、

失敗して自信喪失な部下、仕事を抱えすぎていっぱいいっぱいな部下。

共通してやるべきは、事実を最大限に認めてあげることであり、

部下に過剰に寄り添うのは逆効果であるという点。

 

また、部下が何かやらかしてしまった場合は「なぜ」よりも

「どうやって」にターゲットを充てる方が良いという。

部下にとって上司からの「なぜ」は圧迫に感じられるからとのことだった。

 

私が教育担当向けの研修を受けたときは、

講師から話をきちんと聞きましょう、というスタンスで

「どうして」と聞くのを推奨されたのですが、これは逆効果なんだと。

自分で考えさせるという視点は良いのですが、圧迫に感じられたら

病んでしまう恐れがあるとのことなので、注意したいと思いました。

 

あと、部下の話はじっくり聞きに行くのではなく、

サラッと聞いた方が良いと著者は言います。

それは、失敗の内省を繰り返させないようにすることと

上司依存にならないようにするための2つの理由から。

こう言われてしまうと、確かにじっくり聞いていくのは

時間の面で効率的ではないと感じます。

 

 

そんな感じで、部下のタイプ別に具体的なアプローチが記載されているので

そのタイプに当てはまるような部下がいるならば

読んでみる価値があると思う本です。

 

 

個人的には、やる気があるのは良く分かるんだけど、

こちらの言うことを最後まで聞かずに暴走しちゃう部下に対して

どう対応するべきなのかが書かれていると

私にとっては有益だったり・・・(笑)