ホリデー放浪記

休日の放浪記録。

中国地方のローカル線の旅(5)

宍道駅

待ち時間が7分しかないので、ホームの外に出るのは控え、
ホームを撮影しながら列車待ち。

f:id:finblue:20170710125331j:plain

 

さきほどまで乗っていた木次線は、ホームから外れてお昼寝中?

f:id:finblue:20170710125449j:plain

 

やくも号到着。
まずはこの電車に乗車して、出雲市駅へ。

f:id:finblue:20170710125551j:plain

 

列車の中でウトウトしていたら、あっという間に出雲市に到着。

f:id:finblue:20170710131929j:plain

 

また、3年前の旅行のように日御碕とか出雲大社に行きたかったのですが、
そこまで欲を出してしまうと、その日のうちに三次駅に戻ってこれなくなるので、
改札から外に出る程度で我慢。。。

f:id:finblue:20170710131359j:plain

 

スーパーまつかぜ号到着。この列車で江津駅へ。

f:id:finblue:20170710132647j:plain

 

田儀駅で対向車線の特急電車通過待ち。
海が見える駅。

f:id:finblue:20170710134223j:plain

 

日本海のそばを走っていく、山陰本線の特急、スーパーまつかぜ

f:id:finblue:20170710140701j:plain

 

やがて江津に到着。

f:id:finblue:20170710142605j:plain

 

次の電車まで、1時間くらい待ち時間があったので途中下車。
カフェがあればそこに行きたかったのだが、見当たらないので、
近くの公民館っぽいところで休憩。

平安時代らへんを思わせるイラストが入った看板を見つけた。
顔が濃い目だったので、新鮮でしたね・・・。はい。

f:id:finblue:20170710142838j:plain

 

江津駅に戻ってきた。

f:id:finblue:20170710143955j:plain

 

この案内の看板の文字のうち、下段の石見川本と三次の文字は
1年後には消されてしまうんだろうな・・・。

f:id:finblue:20170710145023j:plain

 

お目当ての電車が来る3番線ホーム。
私よりも1~2回りくらい年上の自称カメラマンが5人くらいいました。

f:id:finblue:20170710145223j:plain

 

やがてお目当ての電車が到着。
これが来年(2018年)3月で廃線となってしまう三江線
しかも2両編成だなんて、なんて贅沢な!(笑)

f:id:finblue:20170710145429j:plain

 

つづく。

 

 

中国地方のローカル線の旅(4)

木次駅

 

木次線の代表駅なせいか、あのボットン便所のある駅と比べれば

よーーーっぽどまともな駅に見える。。。(笑)

 

f:id:finblue:20170710112942j:plain

 

ホテルで三江線の始発を見ながらメロンパン(朝ごはん)を食べて以来
何も口にしていなかったので、お腹がすいた・・・。

 

木次駅前にある大き目のスーパーの中にフードコートがあったので、
そこで奥出雲カレーというものを食べてみた。

肝心のカレーは、つい撮り忘れてしまったのだが・・・
カレーと一緒に購入したドリンクを入れにドリンクディスペンサーに行ったら・・・。

 

f:id:finblue:20170710114401j:plain

ドリンクバーのように何杯も飲まないよう、お願いします

っていうラベルは見逃しませんでしたwww

 

お店の方々は結構必死なんだと思いますが、
ただの客である私にとっては、物珍しさについ吹き出してしまいました・・・^^;

 

食事のあと、多少駅の周辺をお散歩。

f:id:finblue:20170710115816j:plain

f:id:finblue:20170710115746j:plain

 

昭和っぽい街並みにホッとするような気分にさせられるのは、
きっと私も歳をとったからなんだろうか・・・。

f:id:finblue:20170710120008j:plain

 

木次駅のホームの中へ。

f:id:finblue:20170710120410j:plain

 

石碑のイラストは、ドラゴンとスサノオノミコトクシナダヒメ?
私の中でのスサノオノミコトは超ブ男なイメージだったので、
なんだか新鮮な感覚でしたね。

f:id:finblue:20170710120425j:plain

 

宍道駅方向から眺めた木次駅
天気が良くなって、よかった。

f:id:finblue:20170710120433j:plain

 

さっきまで乗っていた車両が、いつの間にか宍道行きになっていた。

f:id:finblue:20170710120547j:plain

 

木次駅に到着して1時間くらい経った頃、ようやく電車は出発。

南大東駅

f:id:finblue:20170710122129j:plain

 

神阿多津姫命。
知らなかったのでWikipediaを調べてしまいましたが、
花が咲くように美しい姫らしい。
だから姫の背後に桜っぽいイラストがあるんですね。

f:id:finblue:20170710122719j:plain

 

幡屋駅。

f:id:finblue:20170710123135j:plain

 

加茂中駅。
数少ない乗客の中から、3人も降りていったので、
ちょっと栄えているんだろうか・・・と錯覚してしまう。

f:id:finblue:20170710123547j:plain

 

ざーっと山と畑の大空間を、走り抜ける。

f:id:finblue:20170710123957j:plain

 

そして、南宍道駅。
f:id:finblue:20170710124359j:plain

 

ちょっと立派な石碑っぽいのを見つける。

f:id:finblue:20170710124412j:plain

 

出雲の大草原を通り抜け・・・

f:id:finblue:20170710124858j:plain

f:id:finblue:20170710124846j:plain

 

やがて、終着駅の宍道駅

f:id:finblue:20170710125042j:plain

 

つづく。

 

 

 

中国地方のローカル線の旅(3)

備後落合駅を発車。

木次線は私1人だけを乗せて、
川に沿って低速走行で走ります。

 

そして、10分くらい経ったころ、油木駅に停車。

f:id:finblue:20170710092904j:plainf:id:finblue:20170710093513j:plain

 

さらに川沿いを走り、三井野原駅。

 

f:id:finblue:20170710094244j:plainf:id:finblue:20170710094637j:plain

 

この後は、メインディッシュである3段スイッチバック

 

動画にしてみた。こんな感じ。

 

youtu.be

 

1回目のスイッチバックを終え、出雲坂根駅。

f:id:finblue:20170710100348j:plain

 

延命の水というのが駅にあるようなので体験したかったのだが、
停車時間がさほどなかったので、諦め。。。

 

ちなみに、この前の駅である三井野原駅は、JR西日本の中で一番高い駅らしい、
ということをこの出雲坂根駅で知ります。。。

f:id:finblue:20170710100425j:plain

 

さて、出雲坂根駅を発車し、県道沿いに北上していきます。

八川駅。

f:id:finblue:20170710102134j:plain

 

次に、出雲横田駅。

f:id:finblue:20170710102734j:plain

 

木次線の一部の駅には、どうやら古事記に登場した人物などのイラストが
各駅に設置されているらしい。

出雲横田駅は、クシナダヒメ。

f:id:finblue:20170710102815j:plain

 

次に亀嵩駅古事記の登場人物は、スクナヒコナ

f:id:finblue:20170710103942j:plainf:id:finblue:20170710103936j:plain

 

次に出雲三成駅。

f:id:finblue:20170710104746j:plain


ここで、対向列車待ちのため、5分くらい停車。
せっかくなので、ホームに出てみる。

f:id:finblue:20170710104848j:plainf:id:finblue:20170710105056j:plain

 

対向列車発見!
さすがに、今乗っている車両だけで宍道~備後落合までの間は賄えないか。。。

f:id:finblue:20170710105203j:plain

 

ちなみに、スイッチバックの動画をご覧になった方はお気づきかもしれませんが、
この車両には、この駅まで乗客は私1人だけでした。

この駅で、ようやくニューフェイスを乗せ、発車。

 

出雲八代駅。運転席からの景色が私の好み。。。

f:id:finblue:20170710105910j:plainf:id:finblue:20170710105944j:plain

 

下久野古事記キャラは、アヨアヨ。

f:id:finblue:20170710110730j:plainf:id:finblue:20170710110719j:plain

 

日登駅。

f:id:finblue:20170710112143j:plainf:id:finblue:20170710112159j:plain

 

そして、この列車の終着駅、木次駅に到着。

f:id:finblue:20170710112731j:plain

 

ひとまずさらばっ!

f:id:finblue:20170710112748j:plain

 

ここで1時間ほど電車待ちのため、私もお昼休み?!

 

続く。

 

中国地方のローカル線の旅(2)

明日は早く起きれるのだろうか・・・。

・・・なんて不安を抱きながら眠った昨夜。

 

目覚ましが鳴る前に目が覚める。
隣の部屋に泊まっていると思われるオッサンらしき人の声で。
時計を見ると、4:50。
まだ三江線の始発が出る前の時間帯だ。

 

せっかく起きることができたので、
そのままシャワーを浴び、三江線の始発に乗るか、
木次線を目指すルートにするか考える。

 

やっぱり予定通りに行こう。
広島駅前のセブンイレブンで買った朝食用のメロンパンをもぐもぐしながら、
三江線の始発を窓から見送ることにした。
カメラを用意したが・・・、肝心なときに画面が固まる(泣)
撮影抜きでお見送り。。。

ただ、ホテルからはこんな感じで三江線芸備線の線路が見える。
鉄道ヲタにとっては良いホテルだと思う、アルファーワン三次!!

f:id:finblue:20170710053549j:plain

 

さて、部屋で一息ついた後、三次駅へ。

 

今日のプランは、こんな感じ。

メインディッシュは、木次線の三段スイッチバックを体験することと、
江津駅から三次駅までの三江線の車窓の旅。

 

さて、まずは芸備線で備後落合に向かいます。
電車の中には、高校生がたくさん乗車していました。

・・・、あれ?

備後庄原行・・・ですか?

f:id:finblue:20170710064624j:plain

 

備後庄原は、備後落合の手前の駅。
情報によると、昨夜の雨のせいで、備後庄原~備後落合間が走れないらしい。
そのため、備後庄原からは代行バスが出るとのこと。

 

まあ、備後落合駅についても、1時間くらい電車が来ないので、
代行バスでのんびり行きましょう。。。

 

電車がついに発車。。。

・・・しかし、電車の中は混んでいて、画像を撮る余裕がないぞ。。。(>_<)

 

あっという間・・・では全然ありませんでしたが、備後庄原駅に到着。

f:id:finblue:20170710073728j:plain

 

100人近い高校生が、一斉に代行バスに乗り込む。。。
一般の客は、私1人・・・。

 

代行バスを出すのは、駅前のタクシー会社。
3~4人しかいないドライバーが手分けして、バスやタクシーを運転。

・・・なんだけど、手際がお世辞にもよろしくなく、
駅前で30分くらい、運転手の方々が大混乱・・・。

 

しかも、私だけ備後落合駅に行くって言ったら、
運転手の方が「えーーっ!まじーーーー!?」って顔を一瞬してたので、
ちょっと肩身が狭かったです。はい。

 

やっと代行バスが発車。
備後落合駅に向かいます。

f:id:finblue:20170710074938j:plain

 

あれだけ駅前で混乱していたくせに、案外あっけなく備後落合駅に到着。

高校生が降りた後、運転手さんとサシで話をしたんですが、
芸備線は昔特急が走っていたこと、備後落合駅前に軽食屋さんがあったこと、
大雨が降ると庄原から落合までを一時運休にして、JRの職員さんが目視で
安全を確かめる作業をしていることなど伺いました。

 

そして、備後落合駅に到着。
見事に周囲に何にもない駅!!

f:id:finblue:20170710082513j:plain f:id:finblue:20170710090039j:plain

 

 

でも、乗換駅なんだなぁ・・・。
左が芸備線、右が木次線の線路。

f:id:finblue:20170710083738j:plain

 

 

芸備線のホームの奥にある不思議な階段。
昔はホームだったんでしょうか。。。

f:id:finblue:20170710083117j:plain

 

しばらくすると、木次線が入線!

f:id:finblue:20170710091558j:plain

 

しばらく、車両をいろんな角度から眺めたりした後、乗車。

 

出だしはちょいコケしましたが、何とか予定していた木次線に乗れてよかった。。。

 

 

 

あ、ちなみに、備後落合駅のトイレはボットン便所でした。
備え付けの紙もありませんでした。。。

 

つづく。

 

 

中国地方のローカル線の旅(1)

ついに出発日がやってきた。

北九州大豪雨が旅行日直前に発生してしまったので、
自分の旅行は大丈夫なんだろうかと、お天気を気にしてみたところ、
何とか曇り空で済んでくれた・・・。

ありがたや。。。ありがたや。。。

 

埼玉南部にある自宅を出て、むさしの号に乗って大宮へ。

そこから、かがやき号に乗って、まずは金沢へ向かいます。

f:id:finblue:20170709091509j:plainf:id:finblue:20170709094531j:plain

 

2時間後には金沢へ。
もうね、すごいよね、最近の新幹線って。
車両に乗り込み、席で熟睡なんてしてたら、もうあっという間に金沢だもん。

 

f:id:finblue:20170709115520j:plain

 

そこから、今度は北陸本線
金沢に来たのは、会社の後輩がお世話になっている研修先の様子を見に行くため。
観光が目的ではない。金沢はね。

だから、金沢での話は大分省略(笑)
でも、研修先でも元気にやっていることが分かって安心しました。よかった。

 

そういえば、金沢駅では、あずき色の電車を見た。
以下のような感じの車両なんだけど、自分が小さい頃に乗った常磐線を思い出す。

f:id:finblue:20170709121632j:plain

 

 

さて、そんな後輩の様子を見た後は、ついに本番となる旅行!

まずは、サンダーバード号に乗って、新大阪へ。

しかし、サンダーバード号の車両の画像は、らしくなく撮り忘れた。。。

 

金沢から福井、敦賀を通り、敦賀新疋田間のループ線を通る。

そこからは琵琶湖沿いに列車は走ります。

f:id:finblue:20170709164406j:plain

天気が曇りじゃなければよかったのに・・・とか思っていたのですが、

そんな欲張りな気持ちが、天の神様を怒らせてしまったのか、

東大阪市で記録的な大豪雨。。。

 

その影響で、京都~新大阪間の線路が被害に遭ってしまったらしく、

吹田あたりまで徐行運転。。。

 

予定時間よりも1時間近く遅れて、ようやく新大阪。

そこから、九州新幹線のみずほ号に乗って、1時間半後に広島駅。

いやいや、新幹線ってやっぱり速いわ。

 

そういえば、かがやき号、サンダーバード号、みずほ号に乗った時、

それぞれでアンケートを頼まれてしまう。

みずほ号に乗車したときにアンケートの回答を頼まれたときは、

もういい加減断ろうと思ったんですが、

西内まりや似の調査員さんに笑顔で頼まれてしまい、

ついつい引き受けてしまった。。。

 

アンケートに答えると、そのときに配布されたボールペンが

プレゼントされるんですが、3回答えたので、3本貰えたんですね。

f:id:finblue:20170709233501j:plain

 

なんだかなぁ・・・。

欲しい人いたらあげます。(私の知り合い限定ですが(笑))

 

さて、広島に到着したはいいが、最後の芸備線の接続が

サンダーバード号の遅延で思いっきり狂ってしまい、

駅の中で50分待ち・・・。

 

仕方がないので、晩御飯は駅弁。

しかし、画像がまたない・・・。

食べたのは、焼きサバ弁当でした。

美味しかったのですが、1300円もしたので

コスパ的には、まあ普通・・・かなぁ。。。

 

さて、晩御飯も食べながら広島駅で時間をつぶしていると、

ようやくホームに、芸備線が到着。

車両がモロにローカル線っぽくていいスね。

f:id:finblue:20170709210247j:plain

 

そこから、終点の三次駅を目指して、しばらく電車に揺られます。

車窓からの景色を楽しみたかったのですが、もう空は真っ暗なので

何も見えません(泣)

 

ずっと座りっぱなしなのも、お尻が痛いので、

対向列車の待ち合わせで数分止まっているときは、

適度に電車の外に出てみる。

f:id:finblue:20170709220118j:plain

 

お外の景色はほとんど見えませんが、

田舎の夜によくある草の匂いが、妙に心地よかった・・・。

 

広島駅を発車してから2時間くらいで、ようやく三次駅。

もう23時を回っていました。。。

f:id:finblue:20170709231622j:plain

 

23時の三次駅。

何もないので、とっても静かです。

 

f:id:finblue:20170709231820j:plain

 

ここから10分くらいトランクを引きずりながら歩き、

やーーーっとホテルに到着。

 

お世話になったのは、ホテルアルファーワン三次さん。

f:id:finblue:20170709232547j:plain

 

チェックインして、部屋にたどり着いたときは、もう23時半。

しかし、明日は、5時半には起きないと、

企画していたローカル線乗車のお楽しみが破綻してしまう。。。

だから、次の朝、早く起きるの、頑張らなくては。。。

 

そんなわけで、とっとと寝ることにしました。

それにしても、慌ただしい1日だった。。。

でも、乗車したローカル線は、芸備線のみ。

しかも、車窓からの景色は全然楽しめない始末。。。

 

なんだか。。。

 

 

つづく。

 

 

 

中国地方のローカル線の旅(事前)

中国地方のローカル線の旅に行きたい!

ある日思いついたように、欲求が高まった。

 

でも、全く原因がないわけではない。
その理由は、やはり三江線廃線が決定してしまったことにある。

3年前に山陰の車窓の旅に出かけたとき、
ふと江津駅で1日に5本しか走らない電車の時刻表を見て
少なからぬ衝撃を受けたものだ。

その1日に5本しか走っていない電車こそ、三江線だ。

 

しかし、三江線だけ乗って帰ってくるのは何か味気ない。
じゃあ、三段スイッチバックで有名な木次線とセットで行くか?
そういえば、3年前は山陰本線を、長門市~下関間だけ乗りつぶせてないなぁ…
今は会社の後輩が研修で金沢に長期遠征しているから、彼の様子も見に行ってみたい。

 

とか、いろいろとやりたいことが思いついてしまったので、
やっぱりミッションを作らなくては。

ということで、以下のようなミッションを立ててみた。

 

・研修中の後輩に会う。
三江線木次線山口線山陰本線長門市~下関)を乗りつぶす。
・広島の観光地を1箇所選んで訪れる。

 

さあ、全部達成できるかな?!
(順調にいけば、全部達成できるようにスケジューリングはしてあるんだけどさっ!)

 

 つづく。

 

 

 

 

初冬の北海道に行ってみる(13)

これで、この旅の記録は最終話。

本当は、札沼線に乗り終わって、このまま新千歳空港に直行する
というシナリオを心の中で立てていたわけですが、

予想外にオンタイムでコトが運んでしまったので、
時間が余ってしまったのだよ(笑)

 

f:id:finblue:20161111181347j:plain

札幌駅を出て、何をしようか考えている(おい!!)

 

地図を眺めると、時計台という文字が。

そうだ!時計台に行こう!!

 

駅から近いし、そんなに見る箇所多くなさそうな規模なので
1時間程度でざっと見て帰って来るには最適だと判断した。

 

駅から10分くらい歩いたところで時計台に到着。

見るからに歴史を感じさせる洋館だ。

f:id:finblue:20161111181625j:plain

 

昔はどうか知らんけど、今の札幌は思いっきり発展している都市の1つ。
少しだけ違和感のある雰囲気。。。

 

時計が動く仕組みがパネル展示されているが、
私にはよう分からんかった。。。

 

でも、ネジが動いて、それに連動して針が動いているところを
間近で見ることができて、少し楽しめた気がする。

f:id:finblue:20161111181806j:plainf:id:finblue:20161111181809j:plain

 

個人的には、2Fにあったステージが雰囲気あって好みですね。

日曜とかになると、聖歌隊とかが歌ったりしたんだろうか。。。

f:id:finblue:20161111182023j:plain

 

時計台の見学が終わり、札幌駅へ戻って来る途中。。。
こんな像を見かけた。

f:id:finblue:20161111182215j:plain

 

こ、これは。。。江頭ポーズ?!(笑)

 

札幌駅に到着し、エアポート号に乗車。

f:id:finblue:20161111182446j:plain

 

ここでようやくお昼ご飯。

お弁当屋さん曰く一番人気の駅弁を買ってみたのだけど、
これは結構美味しかったです。

自分でよく分からなければ、
まずは人気に乗っかってみるのは基本です(笑)。

f:id:finblue:20161111182619j:plainf:id:finblue:20161111182454j:plain

 

札幌を出発し、30分ほどで空港駅に到着。

f:id:finblue:20161111183047j:plainf:id:finblue:20161111183050j:plain

 

お土産を買って、飛行機に乗る。

滑走路が混雑して多少遅延してしまうというアクシデントが
あったものの、新千歳空港を離陸。

 

AIR DOを利用したんだけど、羽の端にデザインされている
シンボルマークのクマちゃんが可愛い(*´-`)

f:id:finblue:20161111183106j:plain

 

窓側の席で夜景を眺めながら機内での時間を過ごしました。

f:id:finblue:20161111183526j:plain

 

やがて、羽田に到着。

そこからはリムジンバスで埼玉にある自宅のある最寄駅までひとっ飛び。

北海道仕様の服装をしてバスに乗り込んだので、車内は暑い暑い・・・。

 

バスを降りてからは、自宅までガラガラとスーツケースを引きずり歩きました。。。

 

 

 

 

これで、私の北海道旅行の記録はおしまいです。

 

今回の旅は、留萌本線の留萌〜増毛までの区間を乗車できなかったのが
とても残念でしたけれど、それ以外は思う存分楽しめたので良かったです。

特に食については満足です。

こういう地方都市の場合、名物は居酒屋とかに行かないと食べられないことが
多かったりするものですが、今回は弁当とファストフードに偏っていたので、
入りやすい店ばかりで、私にとっては有り難かったですね。

 

次回北海道に行くならば、稚内のような北部、根室や釧路のような東部に
行ってみたいですね。

また、出来るならば、暑い時期に・・・。
今回の旅では十分に覚悟した上で北海道上陸はしてみましたが、
やっぱり雪はしんどかったです。

 

それでは、このような駄文だらけの記録に
最後まで付き合ってくれた方(いるのかな?)、

読んでくれてありがとうございました。

 

 

一欠片でもお役に立てれば幸いです。。。